アーカイブ 「Texas」

2008年 2月 15日

Texas日記#6

カテゴリー Texas

おかげ様で無事 昨日帰国いたしました









今日の日記では現地時間の12日午後に



Nothwest Hills Chistian Schhoolという



現地の学校で行った 



私のライブ・パフォーマンスのご報告です





(左からエミール君、グラント君コールマン校長、私)



Nothwest Hills Chistian Schhoolは



教会が運営している私立の学校で



幼稚園から中高校までの生徒が通う



こじんまりとした学校です







ご縁をいただきまして



日本びいきのこちらの



校長コールマン先生の計らいで



学校の授業の一環として



生徒達の前で



ライブパフォーマンスを行うことになりました



 



学校の体育館をお借りし



低学年の子供達向けに1回



高学年の子供達向けに1回



それぞれ3枚のキャンバスを設置し



20分で3枚の絵を同時に描き上げ



描き終わった後 生徒達からの



質問に私がお応えするという形式で



開催しました





今回描いた作品は



低学年向けのパフォーマンスでは



「観音」・「桜」・「旭日に白い鳳凰」の3点



高学年向けには



「昇り 龍」・「赤富士」・「鯉の滝登り」の3点



敬虔なクリスチャンの方が運営している



学校の体育館に



私の唄う「東京音頭」が響き渡る中


20分で3枚の絵を描きあげていきました







このイベントの主旨は



まず日本の文化を紹介すること



そして・・・・



「DO NOT GIVE UP」



というタイトルをつけ



絵を描くことで この 言葉の意味を



生徒達に伝えることです



(責任は重大ですね





このタイトルや主旨は



今回私を招いていただいた



舟木 さんからのご提案です





そしてさらに心強い助っ人達が・・・



テキサス州立大学サンアントニオ校で



日本語を勉強している 



エミール君とグラント君が



司会と通訳 



ロバ-ト君がカメラマンを



ボランティアとして引き受けてくれました





彼らはサン・アントニオで



船木さんたちが経営している



「B&Gクレ-プス」に



アルバイトやお客さんとして



集まってくる大学生です







前日のミーティングで



私がどのような絵を描き



それがどのような意味を持っているのか



彼らに説明をし 皆で話し合いました





エミール君とグラント君は



私が絵を描いている間に



絵の持つ意味を



子供達にわかりやすく説明をしてくれ



そして質問コーナーでは



同時通訳を完璧にこなしてくれました





またカメラマンとして



ビデオを撮影してくれた



ロバ-ト君は 2日前に



足を怪我してしまい



コンディションの悪い中



3枚の絵を相手に動き回る



私の姿を ビデオに収めるために



奮闘してくれました







本当にありがたかったです





このように



いろいろな方々のご協力により



支えられたイベントは



もちろん



大盛況でした






生徒達からは たくさんの質問をいただき



終了後はサインを求めてくる



生徒達の 長い列ができていました





本当にいい体験ができたと思います



ありがとうございます!





本当に よい旅になりました・・・

コメント(2)

2008年 2月 12日

TEXAS日記#5

カテゴリー Texas







こちらは現在



現地時間で2月12日の午前9時です





昨日はサン・アントニオのダウンタウンにある



アメリカの歴史的史跡の「アラモ砦」に



絵を描くために出かけていきました



といっても「アラモ砦」を描くわけではありません





大きなキャンバスを広げるための広いスペースと 



描くならば自分自身が 気分良く描くために



「アラモ砦」を選びました





あいにく天候は曇りがちで



時折小雨が降る状況でしたが



現地に着き 



1.3m×2.6mのキャンバスを広げ



筆を持ち描きはじめると



不思議なことに明るい日差しが差してきました


赤い絵の具で旭日を描き始めると



テンガロンハットをかぶった大きな男性が近づいて来ます



砦の警備をしているテキサス・レインジャーです


何か注意でも受けるのか 



と思い一瞬焦りましたが



彼が発した言葉は



「リンゴを描いているのか?」でした


私は少し安心して にっこりと笑いながら



「これはリンゴではない、太陽である!」 



と空を指差し 大きな声で



下手な発音の英語で答えますと



彼は仕事に戻って行きました








これが日曜日だったりすると



この場所も



人がもっとたくさんいるらしいのですが



昨日は平日だったので人も少なく



 



リラックスしながらのびのびと



絵を描くことに集中できました





ここで描いた絵は



雲海の上に頭を出した富士を



越え太陽に向かって飛ぶ2羽の鶴の作品と



天辺に観音様が立つ



光の柱を上る薄紫の龍の作品です





さてそして今日の午後は



サン・アントニオ市内にある



私立の総合学校でライブ・ペインティングです



今回は日本語を勉強している



こちらの大学生3人が通訳や



カメラの操作を手伝ってくれることになっています



昨日彼らとミーティングしたときに



「天照大神」を知っている学生が一人いたので



びっくりしました





このイベントの様子は次の日記でお知らせしますね! 








コメント(0)

Next »