アーカイブ 2006年4月

2006年 4月 30日

不動明王

カテゴリー ア-ト





 私は龍を描く。



 じつのところ、龍を描き始めたころは、龍の知識をあまり知らなかった。

今でもあまり知らないかもしれない。

しかし、龍を描くことによって、いろいろなご縁ができる。

その方達からいろいろと龍のことを教えていただいて、

自分の描いた龍の意味合いを後から

「そういうことか」などと、納得したりする。



 そして、受け売りで聞いた話を、

えらそうに人に話しているという寸法である。



 

 今日の「不動明王」のお話も東京・西東京市にある田無神社の宮司さんから伺ったお話です。



 そもそも、龍への信仰は、シュメール文明という古い文明にさかのぼる。

これは今のイラン高原あたりに遭ったらしい。

 

 それがゾロアスタ-経に継承され下にある、

「火を呑み込む龍」となり、さらにインドに伝わり

「不動明王」へと変化していったという。

 

 ゾロアスタ-経の炎が、インドで「不動明王」となり、

右手に持つ剣に龍が巻きついている。

 そして日本で「不動明王」といえば

厄除けの神様として信仰されている。





 昨日からゴ-ルデン・ウイ-クも始まり、

お出かけになる人も大勢いらっしゃる。

皆様のご無事を願って、「不動明王」を描きました。

楽しい休日を!

コメント(2)

2006年 4月 29日

健康を求めるあまり不健康

カテゴリー ア-ト





神は細部に宿るというが、

命とは生き物の細胞の間で、

ダイナミックに活動し、生命体としての統一を図る

「はたらき」そのものを指すらしい。



 先日発足したばかりの「形態美研究会」という会合で、

東京医科歯科大大学院の志村則夫助教授とご縁ができた。

 志村さんのご専門は予防歯科学、

つまり虫歯や歯周病を予防する、研究をされている方です。



 「いのちとは何か?」という、タイトルの最新の著書を頂き読んでみた。



 おもしろい!   



読んでみていろいろと考えさせられた。

内容に関しては実際に読んでいただくのが一番だと思うので、

一切触れないが、

私が思ったことは、

「健康」というものを、

「病気の無い状態」と考えゴ-ルにするか?

「元気で活力に溢れた状態」と定義して出発点とするか?





ぜんぜん違うことだよね!



「健康」を病理の無い状態と定義して、

いろいろと禁止事項を作って励行すると、

返って病理が増えたりするらしい。



間違いのないことを追求していくと、

全体として大きな間違いを作り出す。





「平和」を戦争や紛争の無い状態と定義すると、

「平和」を守るための争いが起こるのと似ている気がする。



「豊かさ」を手に入れたはずの現代人は

どんどんとおかしくなっている。



「豊かさ」を出発点として

どこに行くのか?



  やってみよう!

コメント(0)

Next »