2008年 9月 07日

遺伝子 芸術の効能書き7

カテゴリー 芸術の効能書き









遺伝子は







進化の萌芽をも

伝える






熱い想いで



チャレンジする



そんなあなたを



応援しています



こんにちは 加東和です!





昨日からの続きです



前回お伝えしたようなことを



結婚してから



ず~~~~ぅっと



繰り返してきた



とてもしつこい性格の私です





それで



あるとき気がつきました



これは



亡くなった父親が



家の中でやってきたことに



そっくりだということに





そして外面がよいところも



・・・・・・・





おおっ



そうだったのか



歴史は繰り返す



これは遺伝だ



遺伝子のなせる業だ



あははははっは





そうかそうか



それならしょうがない



それなら諦めるしか



ないよね





あはははははっ



めでたしめでたし





というような



話では終わらないですね





私が家族に



しつこく優しい言葉を



強制するのも





外に出て



いい人の仮面を



被るのも





理由は



一緒なのです



私は人の気持ちが



わからないので



相手が自分のことを



どう思っているのかを



感じることができなくて



とても不安になってしまうのです





そして



この不安こそが



そのような行動を



とってしまう



原因です





さらに厳密言えば



不安という感情は



自分にとって都合の



悪いものなので



(だってカッコ悪いでしょう?)



自分が不安だっていうことは



認めたくないので



こんなものは



要らない 嘘だ



ということにしておきたかったのです



それで



いい人の仮面を被ることに



したわけです





感情というもは



コントロールするものでなく



ただ感じるものです





現れては



流れて消えていきます





どんな感情にせよ



それを否定すると



固体化して



徐々に心の流れを



せき止めて



いつの間にか



流れ自体が



滞ってしまい



いろいろと



あちこちに



支障が出てきます





そして



内なる不安は



外に投影して



解消することは



できません





なぜって



否定され固定化した



内なる不安の感情が



外に反映し



いろんな現象を



引き起こしているのですから



自分の中に



原因があるのです



それが存在する限り



手を変え品を変え



同じような



現象を引き寄せて



来るのです





それを解消する



方法は



唯一つ



とっても嫌だけど



自分の心の中にある



不安感を認め



感じることだけです



そうすることで



いつの間にか



消えていくのですから





というわけで



自分の弱さを認めます(笑)







今朝描いた



作品は



「遺伝子」



というタイトルの



作品です



遺伝子は



遺伝的形質を



伝えるだけの



モノではなく



進化の萌芽も



伝える役目が



あるのかもしれません





本日もありがとうございます!





9月の絵画教室のお知らせです!!



次回の絵画教室は「女神を描く!」



9月21日(日)

*通常は第3土曜日の開催ですが今回は日曜日の開催です

朝10時~



場所 東京都渋谷区渋谷 2-2-10 青山H&Aビル4F



募集人員 10名



朝10時から夕方5時までの



講座の時間内に



色紙に作品を仕上げて



お持ち帰りいただくように



ご指導しちゃいます





受講料は¥15.000-です



なお初回のみ、教材費¥10.000-が



かかります



お問い合わせはメールでどうぞ

kato☆nagomu.jp

(お手数ですが☆を@に入れ替えて

ご入力ください)



ホ-ムペジに戻る






コメント(2)

コメント(2) “遺伝子 芸術の効能書き7”

  1. たしまるみ(@ageha)on 2010年12月14日 at 11:11 PM
    加東和先生

    始めまして。
    @agehaといいます。
    本名はたしまるみ(Rumi)です。

    ひすいさんのメルマガからたどり着きました。
    近頃自分が感じてたことと
    同じことが言葉になってたので
    なんか
    ここに辿りつくべくしてたどりついたんだなー
    って気がしています。

    わたしは
    詩人です。

    詩人になるって多分生まれる前から決めて生まれてきました。

    先生のところにたどり着けてよかったです。

    ありがとうございます。

    ひすいさん
    これ読んでるかな。
    ありがとうございます。

    ありがとうございます。

    それではまた。


    たしまるみ(@ageha)
  2. adminon 2010年12月15日 at 7:51 AM
    @ageha様 コメントありがとうございます。

    私は自分の感じた 曖昧模糊としたものを

    視覚的に翻訳し 絵にします

    @ageha様は 言葉によって

    それを 現実世界に 表現なさる 詩人なのですね・・・

    これからも 表現なさってください

    ありがとうございます!

    加東和

コメントを残す