2009年 6月 20日

薔薇の花に宿る女神





夜明け前の



薄明かりの中








薔薇の花に宿る



女神の姿を見た






昨日の続きです



Mikiさんはなぜ



私の弟子になりたいと思ったのでしょう?



そして私は



なぜ彼女を弟子にしたのでしょう?





たぶんそれは



同じ悩みを持っていたからだと



思います





そしてなぜ彼女が弟子で



私が師匠になったのかと言えば



私の問題の方が



彼女より深かったからだと思います(笑)





私たちの共通の悩みは



自分をなかなか認められないことであり



そして何とかして自分を認めたいと



願っていたのです





それまでも



私自身も何とか



自分のことを認めようと



かなり必死で努力を



していました





そのためにいろいろなことを



やってきました





その経験があったので



彼女にいろいろと



アドバイスを与えることに



とても役立ったようです





また私にとっても



私が出した課題に



彼女が応えていく姿を見て



またそのことによって



自分自身を受け入れていく



様子を見て



自分自身を受け入れていくことが



だんだんとできるように



なってきたのです





これは非常に有り難い経験です



与えること 与えられることにより



いろいろな経験を



していくのですね・・・・・





さて今日は夕方から



渋谷でのイベントです



よかったら遊びに来てください





「渋谷・0地場サロン再び」



◆日時 6月20日(土)17:00~20:00



◆場所 渋谷・0地場サロン





◆ライブペインティング17時~ 

   

300mm×900mmの紙に 即興で絵を描きます



◆光の肖像のお試し体験17時半~ 



お試し募集人数 8名様限り



通常はフルカラーで色紙に描く「光の肖像」のお試し版です

4色ボールペンで A-4サイズの紙に 

あなたの「光の女神の肖像」や「光の龍神」の下書きを描きます





◆料金 

ライブペインティング無料は無料

光の肖像のお試し ¥3.000‐



今回お試しでご参加いただいた方は

「光の女神の肖像画」 「光の龍神」の通常価格から ¥3.000-オフとなります





◆ご予約はこちら



info☆freely-p.com



(お手数ですが☆を@に入れ替えてご送信ください)



参考ブログ

▼ 

「光の女神の肖像画」 



「光の衣」










今日のおことば





▲クリック








ランキングに参加しています



いつも



クリックありがとうございます!



おかげさまで



水彩画ランキング1位



美術ランキングでも3位にランクアップいたしました!




(6月20日午後0時現在)



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村



1日1回ポチっとお願いします






みなさまの クリックが 私の励みになります





お知らせ



◆次回の「加東和絵画教室」



次回は7月18日(土)







会場はいつものように東京・銀座



お題は「龍神」を



予定しております







◆作品販売「加東和商店」開店!





『光の女神の肖像画』

『光の龍神』

『ライブ・ペインティング』

『絵画教室』

などのお問い合わせは

こちらからどうぞ







『光の扉』



~クリスタルボウルとライブペインティングの夕べ~



◆7月1日午後7時15分~



出演者 波音アーティスト麻実×加東和





芸術の生まれる瞬間『光の扉』が開きます♪



クリスタルボウル演奏とライブペインティング、



ステキなコラボレーションのご案内です。



詳細はこちら



『光の扉』














0705加東和ライブペインティング



in御岳山




◆7月5日 午前11時30分~



千年以上の昔から武蔵の国を守る



パワースポットの御岳山にある



宿坊南山荘



大広間の襖に即興で絵を描く



ライブペインティングを公開!



詳細はこちら



『0705加東和



ライブペインティングin御岳山』









「AD/HDの取扱説明書」



下の画像をクリックするとジャンプします










「光の女神の肖像画」

詳細は下の画像をクリックしてください









「開運絵本・誰でもつかいきれない宝の山を持って生まれてきた」

㈱竹書房・刊







こちらをクリック





ホ-ムペジに戻る







思宗伝描



思いの宗(おおもと)にアクセスし



それを描き伝えること



それが私の活動です




コメント(0)

コメントを残す